つべつ西洋軒、北海道の道東に位置する津別町の有名店

焼きそばやカツ丼・カレーなどもありますが、つべつ西洋軒の名物は豚丼と塩ラーメンです。
北斗ポークを使用した豚丼は1,080円で、豚バラと豚ロースから選べます。
つべつ西洋軒の豚バラは柔らかく、豚ロースはアッサリしているので、お好みで好きな方を注文できます。

どちらも食べたい方は、数量限定ですが豚丼3種盛り1,300円があります。
バラ・ロース・トントロを味わうことができます。

合計180g以上の肉を使用していますが、肉質が違うので飽きずに食べられます。
どの部位を食べても北斗ポークの旨味を感じることができ、タレも見た目ほどこってりしていないので、また食べたくなる味です。

つべつ西洋軒の塩ラーメンは730円で、まろやかな塩味の透明なスープと細麺のバランスがとても良くアッサリしています。
塩のきつい塩分がないので、食べた後もそんなに喉が渇きません。
小さいお子さんにもオススメのラーメンです。

つべつ西洋軒はカウンターもありますが、ベンチシートのボックス席は、家族4人で座ってもゆったりしたスペースがあります。
店員さんも気さくにメニューについて説明してくれ、常に目配りをしているので注文もすぐに来てくれます。

ファミリーなどのグループには、テーブルにポットの水を置いてくれるので、気兼ねなく飲むことができます。
つべつ西洋軒は、外観や店内からは想像できないお洒落な雰囲気のトイレがあり、とてもキレイなのもポイントが高いです。

店名:つべつ西洋軒
住所:北海道網走郡網走郡津別町東4条3
電話:0152-76-2616