リフォーム費用の目安~戸建・マンション~

中古マンションの浴室リフォーム費用

我が家は築30年ほどの中古マンションです。
新築でマンションを探すと、費用が高く、駅から徒歩で行けるとか立地を優先すると、現在のマンションが希望に近かったので購入しました。
購入時点で、壁紙と床は張り替え済みでしたので、あとはキッチンと浴室をリフォームをして、一部屋絨毯の部屋があったので、コルク張りの床にするという所を、入居してから少しずつお金をためながら徐々にやっていきました。

ところどころ、築30年の物件ならではの古さがありますが。
たとえば、玄関の狭さや、キッチンがカウンターではなく、壁のほうに向いている、収納が今どきでないなど。

そこで、キッチンのむきは変えられないので、新しいシステムキッチンに変えてもらいました。
形は壁のほうに向いたままですが、自分の持っている家具をリメイクしてカウンター風のものを置いたりして自分なりに工夫しています。
浴室は床がタイルだったり古い感じが一番嫌な所だったので、新しくリフォームしてすっきりしました。

収納は、クローゼットがあるのですが、扉をとってしまい、ロールカーテンにリフォームしました。
業者に頼んで工事する以外にも、自分で安くできる材料や方法を工夫しながら中古物件ならではの部分を生かして、楽しんでやっています。

参考:https://www.reform-price.net/

キッチンのリフォーム費用の相場

古くなった設備を復活させることは重要です。
その理由は大切な家を長持ちさせるためです。
しかしリフォーム費用を考えると選択は慎重にすべきです。

今はリノベーションなども流行っているので、業者も活躍しています。
そして業者によってリフォーム費用は異なっていきます。

ここではインターネットで比較するなどの工夫が、重要になります。
実際に見積もりを比較して安くすれば、その後の生活も楽になります。

例えば家の外壁や壁紙などを交換すれば雰囲気が変わります。
またこういったリフォームの費用は安い部分が特徴です。
その理由は壁紙や扉などの交換は楽に終わるからです。

しかしキッチンや浴室などの工事には高いお金が必要です。
なぜなら、交換すると大きな作業になるためです。
特にキッチンは古い設備を交換するのでお金が掛かります。

結果として金額が高くなるという実態があります。
当然のように新しい設備には、それに相応しいお金を出すことになります。
またキッチンは常に使用するので耐久性が必要です。
そういった色々な条件を出せば、更に金額が上がる可能性があります。

キッチンのリフォーム費用としては凡そ数10万円の出費を考えることが基本です。
また50万円以上を出せば一般的な設備を交換できます。

内装・水回りリフォーム費用の相場

増改築と言うと、住宅を長持ちさせる為の外周りの補修や外壁の塗装、それに生活の変化に対応して住み安さや便利さ、綺麗さを維持するための内装や水周りの改装と言った2つの目的を思い起こします。
我が家でも、住宅を購入後15~20年が経過した時点で、費用を掛けて様々なリフォームをしました。

内装を改装して住み安さや綺麗に維持する事を目的に、システムキッチンの入れ替えを含めたダイニングの全面改築、洗面台の入れ替え、風呂場の床タイルの張替えなどを実施しました。
長く住み続けるための、住宅の寿命を延ばす為に、スレート屋根と外壁の塗装の全面実施をしました。

しかし、こうした目的以外に、安全性を目的とした第3のリフォームも必要な事を知りました。
高齢の母親が、足が弱り要介護2の認定を受けた頃のことです。

実家の古い家の内部をバリアフリー、安全性の観点から工事をしました。
介護施設の理学療法士さんに不安全箇所のチェックをしてもらい、可能な限りの改良を施しました。

キッチンとリビング間の大きな段差を、キッチン側の床を上げて解消してバリアフリーにしたり、玄関前、玄関からの上がり立て、トイレ、風呂に手すりを付ける工事もして貰いました。
古い住宅で、限られた予算での施策では不十分な所もありました。
バリアフリーなどの介護設備は最初から配慮された住宅にしておけば、後々リフォーム費用を少なくできる事も学びました。

もっと早くから意識していれば、我が家にも配慮できたのにと思っていますが、後の祭りです。
今の我が家を終の住みかとするためには、いつかはこうした工事も必要になるのでしょうネ。

まるごとリフォーム費用ビフォーアフター

建築業者の宣伝の折込チラシが入っていました。
内装一括改修とか水周り一括改修など、内装仕上げ材やキッチンバスやトイレなどの改修プランが主です。
しかし本当に良い、まるごとリフォームをするなら、このような工事業者に直接依頼するのではなく、デザイン能力のある建築士やインテリアデザイナーに設計図を描いてもらうのが賢い方法です。

テレビ朝日系列に「劇的ビフォーアフター」という番組があります。
非常に条件の悪い物件を、優秀なデザイナーが驚くほど素晴らしい空間に、まるごとリフォームする番組です。
あの番組ほどではなくても、現在のイメージを変えてすばらしい自宅に改築するためには、優秀なデザイナーの協力が不可欠です。

もちろんそのための設計料や監理料などの費用はかかりますが、それでも頼む価値は十分にあります。
そしてどの建築士やインテリアデザイナーに頼むかが、重要なポイントになります。

良いデザイナーを探すためには、まるごとリフォーム関係の雑誌などで紹介されている物件の写真を見て、気に入った事例があればそれを設計したデザイナーに頼むのが一番です。
その人が設計した物件を実際に見せてもらえば、どのような内容になるかほぼ想像できます。
つまり成功するポイントは良いデザイナーを選ぶことなのです。