甘味茶屋(大分県別府市)、マイナスイオンと大分名物を堪能!

店名:甘味茶屋
住所:大分県別府市実相寺1-4
電話:0977-67-6024

甘味茶屋は、大分県別府市の温泉に行った際に偶然見つけたお店です。
とても厳かな山の中に雰囲気のある甘味茶屋を発見し、吸い込まれるように入りました。

甘味茶屋のメニューは揚げなす定食、揚げ豆富定食、煮魚定食(約800円~1300円)など、そそられる定食もありましたし、無類のテール好きのわたし、「我が家のテールカレー(870円)」の誘惑も凄かったけどここは大分。
だんご汁をいただかなくては!

だんご汁関連メニューはだんご汁定食(1080円)とだんご汁と天むすびのセット(天むすび一つのセットは850円、二つのセットは1130円)の二つでした。
天むすびにかなりそそられましたが、だんご汁定食に付いている季節のご飯と「やせうま」に強烈に興味が湧きだんご汁定食に決めました。

「やせうま」とは大分の名物で、引き伸ばして麺状にした団子にきなこをまぶしたもの、なのだそうです。
長く九州におり、大分にも何度も訪れましたが恥ずかしながらこのお店で初めて「やせうま」を知りました。
これは食べるしかない!

たぶんだんご汁のだんごと、やせうまのだんごは、同じなのだろうな~とぼんやり思っていたらお料理到着。
まずだんご汁の器のデカさ!
例えるならば山梨の「すいとん」に似ているかも知れません。

身体がポカポカあたたまるし、すごいボリュームなのに野菜たっぷりヘルシーで、季節のご飯は豆ごはんでした。
気になる「やせうま」は素朴で優しいおやつで、初めていただいたのに懐かしい感じがしました。