群馬県館林の麺1グランプリを2連覇した老舗の原田製麺うどんCafeはらだ

店名:原田製麺 うどんCafeはらだ
住所:〒374-0132 群馬県邑楽郡板倉町板倉1640
電話:0276-82-0063

群馬県館林市の麺1ゲランプリで二連覇した原田製麺のうどん。
原田製麺では、うどんの他にも蕎麦、ラーメン類、焼きそばなども作っています。

これらの麺類を店頭販売しながら、製麺所に併設した、うどんCafeはらだでは自慢のうどんを食べる事ができる。
麺1グランプリで二連覇したはらだのうどんが、ここで食べられる。

老舗の製麺所が作る麺類。
その中でも特に力を入れているのが、群馬県産地粉「きぬこがね」を100%使って作るうどん。
自宅の鍋と違って大鍋で湯で揚げたうどんは一味違う旨さがあります。

例えば、グランプリで2連覇した板倉産きゅうりの冷汁うどん。
これは、すりゴマに味噌と冷水を合わせて、それに薄切りのきゅうりを浮かべた冷汁に、うどんをつけて食べる板倉の郷土食。

もともとうどんはシンプルな物が多いけど、こんなにシンプルなうどんでグランプリの二連覇をはたした。
これはいかにうどんが美味しいかの証明でしょう。

うどんCafeはらだでは、うどんメニューを提供しています。
それ以外でも店名にCafeと入っている通り、こだわりの豆を使った珈琲や、国産の紅茶やミントティー、日替わりのデザートなども提供しています。

営業時間:11:00~16:00(うどんタイム11:00~14:00)
定休日:水曜日 日曜日
座席:カウンター6席 外席14席
駐車場:有り

[,うどんメニュー] 11:00~14:00
板倉きゅうりの冷汁うどん 800円
かきあげかけうどん 800円
板倉汁のもりうどん
かきあげもりうどん 800円
もりうどん

[カフェメニュー] 11:00~16:00
ハンドドリップ珈琲 540円
和紅茶
ミントティー
みかんジュース
今日のデザート

ジャン=ポール・エヴァン 伊勢丹新宿本店、美味しいチョコレートを堪能したくなったらおすすめ

新宿で美味しいチョコレートを堪能したくなったらおすすめなのが、ジャン=ポール・エヴァン 伊勢丹新宿本店です。

店名:JEAN-PAUL HEVIN ジャン=ポール・エヴァン 伊勢丹新宿本店
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 B1F
電話:03-3352-1111

ジャン=ポール・エヴァンは、フランスのパリで創業したショコラトリーで、高級チョコレートを日本に広めたブランドのひとつでもあります。

店内はデパ地下のブティックの横にありこじんまりとしたスペースではありますが、ダークブラウンを基調としていて高級感がある作りになっています。
テーブル席のほかにもカウンター席もありグループでもおひとり様でも利用しやすい雰囲気です。

ジャン=ポール・エヴァン店内ではブティックで販売されているプチガトーのほか、マカロンやココアも飲むことができます。

ジャン=ポール・エヴァンでおすすめなのはショコラショーで、いわゆるホットチョコレート、ココアです。
こだわりのチョコレートをホットミルクでわった濃厚なチョコレートドリンクで、カップ1杯でも満足感を味わえる一品です。

しっかりとした甘さはあるものの、なぜか同じく甘さのあるチョコレートケーキとの相性がよく、一緒にいただくとお互いの魅力が助長されさらにチョコレートの美味しさを味わうことができます。

梅田で美味しい寿司屋といえば大阪駅前第3ビルすし酒場さしす

店名:すし酒場さしす
住所:大阪府大阪市北区梅田1-1-3-B100 大阪駅前第3ビル B1F-68
電話:050-5456-5300

梅田で美味しい寿司屋を探していたら、見つけました。
大阪駅前第3ビルにある、すし酒場さしすです。

寿司って高いイメージがありますが、すし酒場さしすは安くてうまい。
ネタも厚く、2貫で150円からあります。

一品料理も280円からあります。
こんなに安いのに、料理のレベルはかなり高いです。
あまり利益が出ていないのではと心配になるほどです。

鯛やサーモンは260円なんですが、けっこう良いネタを使っています。
そのため、利益度外視で営業されているのかなと思っています。

すし酒場さしすの大将の顔を見ると人柄の良さそうな顔をしていますし、実際に良いです。
ちなみに料理のレベルが高い理由は、大将が和食一筋で有名店を渡り歩いて経験を積んだからでしょう。

今までの経験からか、一品料理のレパートリーも多いです。

私が特におすすめしたいのは、うにくです。
480円と安いのもありますが、とにかく贅沢でうまい。

炙った国産牛の上にうにが乗っていて、うにを肉で巻いて食べる料理です。
本当にほっぺたが落ちるぐらい美味しかったです。

他にも酒に合う一品料理が多いですし、寿司でも酒を飲めます。
ちなみにお酒も、頼みやすい価格に設定されています。

梅田という立地で、これだけコスパの良いお店は少ないのではないでしょうか。
すし酒場さしすはレベルの高い料理を安く食べることができ、梅田でもトップレベルのお店です。

アンティコカフェ アルアビス、みなとみらいの大人カフェ

ランドマークプラザの一角にひっそりとあるアンティコカフェは、知る人ぞ知る隠れ家のようなカフェです。
海外にあるカフェのようなレトロでオシャレな雰囲気がある大人カフェという感じです。
赤いロゴがまたオシャレで、外観からも高級感が伝わります。

でも、アンティコカフェのメニューの料金は、カフェということもあり、高すぎることはありません。
コーヒー系のドリンクメニューが充実しており、ホットチョコラータはMサイズで550円でした。
甘すぎず、きちんとチョコレートの香りがして、濃厚な味もとても美味しいです。

アンティコカフェのフードはパニーニがメインのようで、こちらもワンコイン程度で気軽に頼めます。
プロシュートは530円で、ボリューミーな生ハムとチーズがちょうど良いバランスで美味しかったです。

ドルチェメニューもあり、朝食やカフェ使いにちょうど良いお店です。
チェーンの混んでいるカフェに比べて、大人のコーヒー屋さんという重厚な雰囲気があり、とてもゆっくり過ごせます。

アンティコカフェはスタッフさんも感じが良く、接客もよかったです。

店名: アンティコカフェ アルアビス
住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい2−2−1ランドマークプラザ3F
電話: 045-263-6969

日本海庄や 深谷店は海鮮料理が新鮮で美味しいのでオススメ

日本海庄や深谷店は海鮮物が美味しいのでオススメです。

店名:日本海庄や 深谷店
住所:〒366-0824 埼玉県深谷市西島町3-9-1 深谷ビッグロフト1F
電話:048-551-6699

日本海庄やは居酒屋ではありますが、海鮮料理が新鮮な物が食べられます。

まず、日本海庄やで最初によく注文するのが、細巻き寿司単品一本です。
価格は250円です。

小さな細巻きが6つあり、ネギトロ2つ・鉄火巻き2つ・とろたく2つとマグロを味わえる一品です。
ネギトロはふわふわとした食感でとろける感じで美味しい。

鉄火巻きは柔らかい食感がありつつ脂がのっていて美味しかった。
とろたくはネギトロのとろける感じとたくあんの食感が相性が良くて美味しいマグロです。

日本海庄やで他によく注文するのが、北海の幸いくら飯です。
価格は900円です。

ご飯の上にいくらがたっぷりと乗っかっていて見た目も素晴らしいです。
イクラはとてもプチプチとした弾力のある食感がありとても美味しいです。

ご飯と一緒に口の中にかっこんで食べてしまいます。
ご飯とイクラと醤油の相性も良くて、見た目も良いので、かなり満足な一品です。

他にも、金目鯛出汁しゃぶ茶漬けや蟹が豪快に入った蟹ピラフもあり、どれもとても美味しいです。
そんな、海鮮料理が美味しい深谷の日本海庄やはオススメできる飲食店です。

横浜で辛い味噌ラーメンと言ったら蒙古タンメン中本 横浜店

辛いモノ好きにはたまらない全国チェーン店、蒙古タンメン中本をご紹介していきます。

昼間にピクニックの帰りにラーメンが食べたくなり、蒙古タンメン中本へ。
以前から気になっていた今度こそはと思っていた北極を注文。
家族たちは無難に蒙古タンメン。

北極ラーメン+野菜 ¥830+60
野菜増しにしたら炒め野菜じゃなくてもやしでした。

スープの赤に白のもやしタワーの赤白コントラストが最高です。
スープは塩強めの油多めでビリっと舌に衝撃あります。

スープ自体の旨さは蒙古タンメン系の方が感じる事ができます。
麺をすする時も唐辛子が絡んで刺激的ですね。

蒙古タンメン+野菜 ¥800+60
こちらは野菜を増したら野菜の味に支配されちゃったらしいです。
よこ的には麻婆豆腐を足すべきとの意見でした。

念願の蒙古タンメン中本の北極食べられて良かったです。
夏に大量の汗かきにまた食べに行こうと思います。

麺は中麺ストレートで少しうねった感じで粉感ありますが、なかなか良い感じです。
スープはベースの味噌は辛味無くて濃厚な味噌味でベースが美味しいです。

辛味は麻婆豆腐の唐辛子餡で辛くなる感じです!
野菜は熱々で増して正解!
麻婆豆腐はほぼ一味の唐辛子味です。

店名:蒙古タンメン中本 横浜店
住所:神奈川県横浜市西区南幸1-13-8 相鉄南幸第5ビル
電話:045-321-1223

聘珍樓 横濱本店、横浜中華街にある高級中華料理店

店名:聘珍樓 横濱本店
住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町149
電話:050-3469-4654

聘珍樓はJR石川町駅から徒歩8分くらいの、横浜中華街のメイン通りど真ん中にある高級中華料理店になります。

名前を聞けば、地元の方ならだいたい分かるくらい有名店で、聘珍樓の店内に入るところから既にウエディング系のお店かと思うくらいクオリティが高く、それだけに中華街では珍しいくらいの接客もあり、格の違いを見せつけられます。

総席数も780席というレベルで、130席までならば宴会も可能なので、何かの会合など幅広く利用することが出来るのではないかと思います。
ランチて4800円、ディナーですとコースになりますので6000円〜くらいの金額になります。

以前に、コースで頼んだのですが、最初のフカヒレスープから、上品な味が感じられましたが、次にフカヒレ姿煮込みを食べた瞬間に、もう味が濃厚というか、何の癖もなく、しっかりとした食感もあり、ただただ美味しいと思いました。

聘珍樓は日本では、最古の中国料理店ということもあり、日本人の味覚に合わせている味付けになっているのかもしれません。
中華街に来て、最高峰のお店をご希望であれば、聘珍樓を是非おすすめしたいです。