萬里 本店、長野県のご当地グルメ「ローメン」を存分に堪能できる中華料理店

長野県伊那市のご当地グルメである、ローメン元祖のお店「萬里」です。
ローメンとは、羊肉と野菜を炒めて蒸した所に太めの中華麺を加えた郷土料理。
1955年に「萬里」の店主が創作したのが始まりで、伊那市に数店舗あります。

萬里おすすめ料理は看板メニューであるローメンで、こちらのお店はスープタイプなのが特徴。
キャベツやきくらげなど野菜たっぷりで、ラーメンでも焼きそばでもない、独特な風味を味わう事ができます。
羊肉が苦手な方には豚肉ローメンもあるので安心。

ベースが薄味となっていて、酢やソースを回しかけて好みで味付けをしていきます。
ごま油・七味・おろしニンニクも用意されているので、カスタマイズできる所も楽しいです。

価格は700円とリーズナブル。
大盛は850円、超大盛は1070円となっています。

萬里の接客については、ご当地グルメならではの食べ方などの説明も丁寧にしてくださり、とても良いと思います。

また、こちらはドラマ「ゴーイングマイホーム」のロケ地にもなった場所。
その際にも、ローメンは登場しているので、一度味わってみてはいかがでしょうか。

「萬里」は駐車場が無いのですが、同じ伊那市内には姉妹店である「萬里彩園」もあり、車の方は姉妹店が便利です。

店名:萬里 本店
住所:長野県伊那市大字伊那坂下入舟町3308
電話:0265-72-3347

三軒茶屋にある餃子の王将のスープが濃厚なチャンポン

店名:餃子の王将 三軒茶屋店
住所:東京都世田谷区太子堂4-22-15
電話:03-3410-7888

餃子の王将においては、チャンポンは非常におすすめできるメニューだと思いました。

チャンポンに関しては別のお店の方が有名かもしれませんけど、餃子の王将のチャンポンも十分にいけると思います。

何よりも餃子の王将の特徴はスープで、実際に食べてみると見た目以上に濃厚なのが分かります。

濃厚さが特徴となっているため、スープが麺や具材に絡みついて、美味しさを増している実感がありました。

さらに言えば、餃子の王将のチャンポンの具材に関しても十分に特徴があるなと感じています。

中華丼などに入っている具材が多くて、野菜と魚介類、そして肉が豊富に入っているので、味に飽きないのです。

その都度いろいろな触感や味が楽しめて、そこもこのメニューの魅力じゃないかな?と思いました。

餃子の王将のメニューというのは全体的にリーズナブルな印象を持ちやすいですけど、このチャンポンは650円なので、お店の中では高い方かもしれないです。

でも、このやや高めの値段に見合った味は感じられましたし、満足度に関しても値段以上のものが得られたのではないか?と思うので、多くの人たちにおすすめです。

博多天神 新宿東口駅前店は安くて美味しいラーメン屋

店名:博多天神 新宿東口駅前店
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目22-6 笹山商店ビル
電話:0333587411

博多天神というラーメン屋さんは都内に何店舗かありますが、特に新宿駅に近い店舗をよく利用します。
大きな駅の近くにお店があるので利用しやすく、値段も手頃で、他のラーメン屋に比べて美味しいとんこつラーメンを提供していると考えます。

博多天神おすすめ料理は、値段が500円の”ラーメン”です。
この店で最安の商品ですが、シンプルで味付けが美味しく、特にスープが美味しいと考えます。

”替え玉”という呼び名のおかわりができる麺もついてこの価格なので、安くてお腹を満たすことができるため、特におすすめです。

博多天神のトッピングには、ゴマと辛子高菜、ニンニクとラーメン用のソースがあります。

食べている途中で味を変えたい時にはこれらをラーメンと一緒に食べると、それぞれのトッピングにより味が変わるので、そのような自分好みの味付けができる料理であることも、おすすめの料理である理由の一つです。

博多天神の接客についてはシンプルに席を案内されてお金を払って退店するという流れですが、後払いであるためか、常にスタッフの方が客席から声をかけられる場所にスタンバイしており、呼んでも来てもらえないというようなこともないため、スムーズな接客を提供していると考えます。

コーヒーハウス 三番館、北海道千歳市にあるレトロな喫茶店

私は北海道千歳市に在住してますけども、この街にあるコーヒーハウス 三番館はお気に入りのお店なんです。
私が子供のころから親に連れていってもらってまして大人になった今でも月に1~2回は訪れている店なのです。

ニューサンロード商店街の中にあるんですが、ここは千歳市の中でも昔は中心街でしたが今では寂れてしまっており、シャッターが閉まってるところが半数以上になってしまってます。
その中でもコーヒーハウス 三番館は人気があるので、ずっと潰れずにあるんです。

コーヒーハウス 三番館の良さを言えば、とにかく内装が昭和なんです。
照明から椅子やソファまですべて昭和レトロ的なものが使われていてとっても良い雰囲気なのです。

コーヒーハウス 三番館の店主の男性は、とっても品があり感じの良いご老人です。

この店の一番好きなメニューで毎回必ず食べているのはナポリタンです。
まさに昔ながらの味って感じですし量も多いし食べ応えがあるんです。

このナポリタンは700円します。
なのでコーヒーハウス 三番館に行ったらこのナポリタンを注文してみてください。
癖になる味ですし。

前述した通りで昭和的な内装になってるので、このお店にいったら昭和にタイムスリップしたような気分を味わえますよ。

店名:コーヒーハウス 三番館
住所:北海道千歳市幸町2-8 2F
電話:0123-24-0628

餃子で酒が飲みたいと思ったら天満にある餃子がぎょうさん 天佑

店名:餃子がぎょうさん 天佑
住所:大阪府大阪市北区池田町17−17 ハイツ十七
電話:06-4397-3077

餃子とお酒って相性が抜群ですよね。
中華料理屋でたまに餃子飲みをすることがあります。

でも、中華料理屋で飲むのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。
そういう人におすすめなのが天佑です。

天佑は店名のとおり、餃子がぎょうさんあります。
とにかく種類が多い。
天佑の餃子は手作りで、26種類もあります。

焼き餃子に揚げ餃子や水餃子はもちろん、デザート餃子という変わり種メニューも。
餃子に関しては任せておけって感じのお店です。

これだけ見ると天佑は餃子専門店という感じですが、餃子居酒屋と言った方がいいかもしれません。
餃子以外にも、一品料理がたくさんありますので。

私は天佑では餃子をメインに食べつつ、たまに一品料理を食べるスタイルです。
餃子は1人前3個で、大体200円前後のメニューが多いです。
そのため、たくさんの種類の餃子を楽しむことができます。

餃子ばかりで飽きることはありません。
というか一回では全て頼むのは難しいほど種類があります。
そのため、何度も行きたくなるんですよね。

とりあえず頼んでほしいのは、天佑大将の実家の味餃子。
180円と安いですし、定番の焼き餃子ですが美味しさは普通より上です。

後はチーズたっぷり餃子だったり、納豆餃子も美味しかったです。
どれを頼んでも美味しいので、餃子とお酒が好きな人は満足できることでしょう。

居酒屋いくなら俺ん家来る?千葉店で朝まで飲み明かそう

店名:居酒屋いくなら俺ん家来る?千葉店
住所:千葉県千葉市中央区中央2丁目2-8 秀和ビル 3F
電話:050-5272-1001

居酒屋いくなら俺ん家来る?こと、「いざくる千葉店」はとにかくお店の雰囲気が最高。
入店した途端に店員さんの明るく面白い挨拶が出迎えてくれます。

居酒屋いくなら俺ん家来る?の店員さん達は店長さんも含め、みんなアットホームでまるで友達のようです。

お酒やメニューも豊富です。
飲み放題メニューがあり、料理は一度に5品まで注文でき、1品完食でまた1品注文という制度です。

居酒屋いくなら俺ん家来る?のオススメ料理は、なんと言っても「焼きうどん」。
ステーキや唐揚げも美味しいけど、ここの焼きうどんは故郷を思い出す何だか懐かしい味がします。

なんと3時間食べ飲み放題で2800円と、とってもお得です。
店員さんを誘えば一緒にお酒を飲んでくれるので、おひとり様でも安心です。

居酒屋いくなら俺ん家来る?へ行くと、楽しくて嫌なことも忘れてしまいます。
来店するお客様も明るい楽しい方たちばかりなので、意外にも友達ができたりするかもしれません。

来店した人の中に誕生日や記念日の人がいると、お店全体でお祝いしてくれます。
もちろん手書きメッセージ付きのケーキまで。

恋人や友達の為に店員さんに相談してみてください。
全力でお祝いしてくれるので、とっても素敵な1日になること間違いなしです。

あずみ大崎店、東京都品川区JR大崎駅の駅ナカにある蕎麦屋

あずみは、東京都品川区にある立ち食いそば屋さんです。
JR山手線の大崎駅改札内にある立ち食い蕎麦屋さんなので、電車に乗って大崎駅で降りて改札内にいる時でないと入れないといった意味では稀少性があります。

あずみ店内は立ち食いそば屋とはいえ結構広いスペースがあり、座って食べられるスペースもあります。
朝方はサラリーマンの方中心に混んでいる印象がありますが、女性の方も少数であるものの度々見かけます。

あずみは食券制で、入り口で食券を購入してからカウンターに渡すスタイルですので、待機列などもなく注文から提供までスムーズに流れていきます。
駅中のお店ということもあり、現金だけではなくSUICAなどの交通系ICカードも利用できます。

あずみの接客については、他の立ち食い蕎麦屋さん同様の感じなので、可もなく不可もなくの淡白なスタイルです。
オススメのメニューは肉そばです。

お肉がたっぷり入っていて、いっぱい食べ終わった後には満足感があります。
お好みで卵の追加もできるので楽しみ方は様々です。

あずみの値段は一杯600円を超えてきてしまいます。
特に高いという感じはないのですが、500円以下だとよりありがたいといった印象です。

店名:あずみ 大崎店
住所:東京都品川区大崎1-21-4 JR大崎駅南改札内 ディラ大崎内
電話:03-5435-8672