ゆで太郎 大宮ラクーン店、さいたま市大宮にある手軽に食べられる蕎麦店

店名:ゆで太郎 大宮ラクーン店
住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
電話:048-871-7230

手軽におそばを食べたいと考えている人は、ゆで太郎大宮ラクーン店を個人的にお勧めしたいです。
全てのメニューがお手頃な価格に設定されており、少ないお金でも本格的なおそばを食べることができます。

ゆで太郎の中でもかきあげそばは、440円の価格になっているのも関わらず、甘さ控えめの美味しいつゆの中にたくさんのそばが入っています。
それだけでも十分に美味しいのですがそばのゆで加減も抜群なので、多くの人が食べることができます。

ゆで太郎の店内はそこまで広くなく、いくつかの席が設置されているのみです。
男性は気軽に来店することができるかもしれませんが女性は、少なからず抵抗を感じる可能性があります。
ただ綺麗な空間が保たれていますし、席を確保することができれば、のんびりと食事することができます。

ゆで太郎のスタッフの対応はとてもよく、スピーディーにおそばのメニューを提供してくれるのが強みです。
ただ混雑している時は気軽に話すことが難しいので、その点には注意しなくてはいけません。

ゆで太郎は、おそば以外にもカレーや丼ものなどのメニューも充実しているので、少ないお金でお腹一杯にしたい人にお勧めのお店です。

北海道らぁ麺 ひむろ 大宮店、味噌ラーメンを堪能できる魅力的なラーメン屋

店名:北海道らぁ麺 ひむろ 大宮店
住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-44-1 橋本第3ビル
電話:048-776-9975

ひむろは、濃厚でコクのある味噌ラーメンを提供しているラーメン屋になっており、非常に美味しいです。

ひむろ店内は1階だけではなくて、2階も存在しており、大人数のお客さんでも対応できるようにしています。
1階はカウンター席のみで、2階はカウンター席の他にテーブル席も存在しています。

個人的に一番お勧めしたいラーメンは、札幌味噌らぁ麺で780円の価格に設定されています。
チャーシューの他にもやしや玉ねぎなどヘルシーな食材が多く乗せられていて、女性でもペロリと食べることができます。

その他にもお勧めのラーメンが味噌ダレつけ麺で、札幌味噌らぁ麺よりも更に濃厚なスープになっています。
濃い味噌が好きな人にとって、魅力的なつけ麺になっており、無料で大盛りにしてもらうことが可能です。

ひむろは接客も素晴らしく、何時も元気な声でスタッフが挨拶をしてくれます。
ティッシュや水などもしっかりと準備されているので、安心してラーメンを食べられる環境が整えられています。

ただ一つ不満点があり、ひむろ店内はそこまで広くないので混雑している時は、かなり窮屈な状況の中でラーメンを食べなくてはいけません。
それでも美味しい味噌ラーメンを食べることができるのでお勧めです。

つくば山にあるコマ展望台レストランで関東平野を見る

店名:つくば山 コマ展望台レストラン
住所:筑波山ケーブルカー筑波山頂駅となり
電話:029-866-1574

茨城県の筑波山のケーブルカー山頂にあるコマ展望台レストランのご紹介です。
コマ展望台レストランは、福来ラーメンというラーメンが名物のようで、ケーブルカーの車内広告でも宣伝されており、食べてみようと思いました。

こちらは展望台があり、その下が食堂になっています。
コマ展望台レストランの店員さんは、良くも悪くも観光地の接客です。
食券を買ったらそのまま自動的に待っていれば番号で呼ばれます。

福来ラーメンに福来ミカンのすりおろしが乗っていて、これが衝撃的なおいしさでした。
もともと柑橘類が好きで、食べ物にレモンなどもよくふりかけて食べるので、このラーメンもすごくおいしいと思いました。

すっぱいのが苦手な方でもこれならおいしく食べれると思います。
このラーメンのために、コマ展望台レストランまで来る価値があるくらい大ファンになってしまいまいた。

ご当地ラーメン決定ですね。
正直、福来みかんというのもここで初めて知ったのですが、食べてみたいなと思いました。

そして、こちらのレストランの上には展望台があるので、ぜひ行ってみてください。
夜なら関東平野の夜景を楽しむことが出来ます。
すばらしい景色なので必見です。

三ツ矢堂製麺 川越店、埼玉県川越市にある少し変わったつけ麵の店

店名:三ツ矢堂製麺 川越店
住所:埼玉県川越市新富町2丁目12-6 栄屋商店川越ビル 1F
電話:049-298-3222

ラーメンも人気がある食べ物ですが、つけ麺が好きという人も増えてきました。
様々なつけ麺を食べてきましたが、三ツ矢堂製麺で食べたつけ麺は衝撃的でした。

三ツ矢堂製麺では、様々なつけ麺を食べることができます。
季節限定のつけ麺があったりもします。

私がまず驚いたのは、とろろ山芋つけ麺。
このメニューを出しているお店は、三ツ矢堂製麺以外では知りません。

ゆず風味のとんこつ魚介系のつけ汁に、とろろ芋を投入して食べます。
ちなみにとろろ芋を麺にかけて食べるか、つけ汁に食べるかは個人の好みでとのこと。

私はつけ汁に入れて食べる派です。
とろろとつけ汁の組み合わせですが、これがよく合うんです。

つけ汁にとろろを入れることで粘り気が出るからか、スープと麺が絡みやすくなります。
そのため、麺の味がさらに濃厚になるんです。

太麺なので、食べ応えもあります。
この組み合わせはありだなと思いました。

ちなみに、三ツ矢堂製麺の看板メニューはマル得つけめんで、野菜やチャーシューなどが豊富なつけ麺です。

他にもチーズを入れたつけ麺など、変わったメニューもあります。
大体のつけ麺は1000円弱で食べることができます。

三ツ矢堂製麺は、メニューが豊富ですし、変化があるので何度も通いたくなると思います。

亀八庵、新千葉にある行列のできる蕎麦屋

店名:亀八庵 
住所:千葉市中央区新千葉2-17-6サンコート新千葉1F
電話:043-302-4628

新千葉駅は駅自体がかなり小さいですが、駅から本当に徒歩1分程の場所にある亀八庵は、お店も小さく駅の裏手で目立たない場所にあります。
ランチタイムから盛況で、お昼を過ぎてから来店するとかなり待たなくてはいけないほど、美味しいお蕎麦を食べさせてくれるお店です。

亀八庵は、ご夫婦二人と時々お手伝いの方がいらっしゃいますが、店内はテーブル席とカウンター数席と小さいですが、店内は綺麗で昔ながらのお蕎麦屋さんという雰囲気です。

ランチメニューは、日替わりもありせいろに丼ものがついているセットや、ランチ天せいろ、亀八庵セットなどがあり、注文してから全てのお料理の準備が始まるので、注文してから15分くらいお蕎麦が届くまで時間がかかります。

亀八庵のお蕎麦は、とても香りが良く甘みもあるお蕎麦で本当に美味しいのです。

店主の方は天ぷら職人さんだった様で、亀八庵の天ぷらはサクサクで塩をつけて食べるスタイルですが、今までに食べた天ぷらの中で一番美味しいと思える味で、セットの天ぷらとは思えないくらいエビやキノコ、さつまいもなどが十分すぎるくらいのっているので、満足感も高いです。

ご夫婦で切り盛りされているお店なので、奥様が注文を受けて料理を運んでくださいますが、いつもにこやかでお蕎麦を食べ終わる頃に蕎麦湯を持ってきてくれるなど、サービスも素晴らしいです。

お蕎麦と天ぷらを別に注文しても2000円前後で、お腹いっぱいになるくらい美味しいお蕎麦と天ぷらを頂けるので、値段も味もこれ以上お蕎麦屋さんはないと思う位の満足度の高いお店です。

らーめん琥珀、栃木県足利市にある辛い物好きにおすすめのラーメン屋

店名:らーめん琥珀
住所:栃木県足利市西砂原後町1175
電話:0284-64-7004

足利駅からおそよ2キロ離れたところにらーめん琥珀がありますが、敷地が思っていたよりも広大で車に乗って食べに行きたい方からしたら十分すぎるほどの駐車スペースがあります。

焼肉 炭火苑のお隣なので、駐車場も区切られてはおらず混同されがちですが、自転車などを止めるスペースも一応あります。

らーめん琥珀のお勧め料理ですが、個人的には赤みそラーメンを推しております。
辛い物好きにはたまらないですし、またお好みで卵やチャーシューなどものせて食べられるのがいいです。

そのほかにも、鶏そばやえびそばといったリーズナブルなお値段で食べられるものがあり、ランチセットと言ってこれらのメニューと小さな丼もの(ツナマヨ丼、半チャーハンなど)と組み合わせて食べても1000円かからないというコストパフォーマンス。

らーめん琥珀は、夜に食べに行く方も多いかもしれませんが、一番お得に食べられるのがお昼時であるかもしれません。

他にも鶏のから揚げがお気に入りでサイズも大きくカリカリに揚がっているのでとてもおいしいです。

またらーめん琥珀のもう一つの特徴として、毎月8のつく日はラーメンの割引があるという事です。
定休日が毎週火曜日なのですがそこにかぶることなく8の日は必ず割引があるのです。

実際にその時に行ったことはありませんでしたが、これもらーめん琥珀をお勧めしたいもう一つ理由です。

渋谷の道玄坂にある丸亀製麺の明太子が特徴的なうどん

店名:丸亀製麺 渋谷道玄坂店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-9-9梅原ビル1F
電話:03-3462-5075

渋谷の道玄坂にある丸亀製麺では、うどんとあるトッピングが特徴的なメニューがおすすめです。
それが明太釜玉うどんになりますけど、これはうどんに明太子が入っている、ちょっと珍しいメニューになります。

うどんに生卵、ねぎ、のりが入っていて、さらに明太子がトッピングされているメニューになりますが、明太子が入っていても、見た目はかなりシンプルです。
したがって、見た目だけで言えばそこまで変わった感じはしない、違和感のないうどんと言えます。

明太子はパスタにも使われる具材で、麺類に合うものですから、うどんにも十分にマッチすると言えます。
うどんの味わいが、明太子によってより濃厚に、まろやかになっていく状況を体感することができます。

オススメの食べ方としては、明太釜玉うどんに入っている明太子を少しずつ溶かして、麺に絡ませていくと良いと思います。
各自の味の好みがあるので、全部溶かすのではなくてちょうどいい濃さになるように調節するようにしていくと良いでしょう。

並で430円なので、思った以上にリーズナブルとも言えますし、小腹が空いたときにこういったメニューを試してみると新たな発見があると言えると思います。